カナガンと尿路疾患について

猫は比較的尿路疾患になりやすい動物です。

尿路疾患とは膀胱から尿道に起こる病気のことです。

原因は様々で原因が分からない突発性もあります。

原因が分からない場合は突発性の膀胱炎や食事による尿結晶などがありがちです。

一度なると慢性化してしまう恐れもあります。

カナガンのキャットフードは原材料にクランベリーが含まれています。

クランベリーはビタミンCとキナ酸が豊富です。

そしてキナ酸は尿路結石の原因となる値を安定させる効果があります。

結石になった場合尿はアルカリ性になっています。

アルカリ性になると結石もできやすく感染しやすくなります。

クランベリーが入っていることで多く含まれるキナ酸が体内で酸性になり排泄されます。

クランベリーは他にもポリフェノールやプロアントシアニジンが含まれていて細菌が付着するのを防いだりしてくれます。

結石にはいくつかのタイプがあります。

  • 体質・遺伝的
    親猫が発症している場合は発症率が高まります。
  • オス猫
    尿道が狭く詰まりやすく慢性化するためです。
  • 3歳~5歳
    食事量も多く活発なため尿路結石が作られやすい時期です。
  • 長毛種
    短毛種よりなりやすくまたその原因は不明です。

カナガンは尿路疾患の猫でも食べられるキャットフードです。

尿路疾患は重度になると死亡する可能性もあるのであくまでも一度獣医に診てもらうことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です