カナガンの食事量(子猫とシニア)

カナガンのキャットフードは子猫やシニアにも安心して与えることができるキャットフードです。

なぜなら一般的なキャットフードは炭水化物が多く含まれていますがカナガンは高タンパク質で必要な栄養素ばかりです。

そのため安心して食べさせてあげることができます。

カルシウムやリンも研究を重ねた結果最適な配合になっています。

下記の表が1日に与える量の目安になります。

体重(kg)

1日に与える目安(g)

2か月以下

20~30

2~4か月

30~55

4~6か月

55~75

6~12か月

75~

12回の食事になるので1日に与える目安の半分の量ずつになりますが赤ちゃんの食事の場合は数回に分けましょう。

子猫から成猫、シニアまでが食べられるカナガンです。

子猫に与える場合はぬるま湯につけて柔らかくすると食べやすくなります。

だいたい20分~1時間程度でいいでしょう。

シニアの猫の場合も同様、歯の調子が良くない猫にも柔らかくしてみたりウエットフードだとより美味しく食べられるようになっています。

ウエットフードは汁にとろみがついているので食欲のないシニアの猫もきっと食べてくれるはずです。

人間の食べ物などは与えると肥満や消化不良になる恐れがあるので与えないようにしましょう。

チョコレートや玉ねぎ、ニンニク、ぶどう、レーズンなども猫にとっては危険な食べ物です。

ドライフードなどにトッピングするなども避けるようにして下さい。

子猫だからといってどんどん食べさせてしまうとカナガンでも当然太ってしまいます。

しっかり目安を頭に入れて与えることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です